診療科目一覧

- PFC-FD療法のご案内 -

整形外科

行岡病院トップページ > 診療科目・部門一覧 > PFC-FD治療

【PFC-FD療法】の紹介

当院では「いまの治療に満足できないけれど、手術はしたくない...」といった患者様に、バイオセラピー【PFC-FD療法】をご紹介しております。 ご自身の血液から血小板由来の成長因子を抽出し、患部に注入することにより炎症を抑制し、痛みや腫れの緩和が期待できる治療です。 ご興味がお有りの方はぜひご相談ください。




PFC-FD療法とは

患者自身の血小板に含まれる成長因子を活用する治療法で、関節や筋腱の疾患・損傷に対する注射によるアプローチです。 ゴルフのタイガー・ウッズ選手や、野球では大谷翔平選手が怪我の改善に活用したことで話題になった「PRP(多血小板血漿)療法」がありますが、PFC-FD療法はそのPRP療法を応用した技術です。 現在ではPFC-FD療法もPRP療法と同様に、関節症・関節周囲の靭帯・軟部組織などの治療に活用が始まっています。


改善効果が期待できる疾患

PFC-FD™の注入によって改善効果が期待できる疾患はおおまかに下記のようになっています。


大別 対象部位 疾患名称例
変形性関節症

足首

変形性膝関節症

変形性股関節症

靭帯損傷

膝十字靭帯損傷

肘関節靭帯損傷

腱炎

足首

膝蓋腱炎

アキレス腱損傷

現在もっとも活用されている疾患は膝に生じる変形性膝関節症です。しかし、靭帯損傷や腱炎といった他の運動器疾患でも効果が期待されており、スポーツ選手を中心に様々な治療に活用され始めています。

PFC-FDは患者様ご自身の血液から製造されるため、他人の組織を使った治療や薬物による治療と比べると、拒否反応や感染症リスク、その他の副作用が少ない治療法となっています。

PFC-FD療法は新しい治療であり、公的保険適用ができない「自由診療」という枠組みのなかで行われています。保険診療の場合、治療を受ける方の支払う費用は治療費の一部で済むのに対し、自由診療では全額自己負担となります。

PFC-FD療法の費用

自由診療です。詳細はスタッフや医師にお尋ねください。