行岡病院について

- 方針と考え方 -

方針と考え方

行岡病院トップページ > 行岡病院について > 方針と考え方

患者様の権利

職業倫理

職員は下記のことを常に念頭に置き、病院基本理念の実現に対して努力すること。

臨床倫理に関する方針

当院は、生命と健康を守る医療人として、当院の基本方針に基づき、以下の通り臨床領域における倫理を定めます。

臨床倫理の原則

患者-医療者パートナーシップ強化に向けての方針

 行岡病院では、「協同」を院是とし、医療現場では心をひとつにして対応する事を目標とし、「患者様へのやさしい医療の実践」を行動の理念としています。患者様を中心に安心して医療を受けて頂くことに視点を置き、患者様と医療者のパートナーシップを大切な事柄として位置づけています。
 そのためには医療者側から、「患者様の権利の尊重」 、「説明と同意(インフォームドコンセント)」 、「情報の開示」、「セカンドオピニオン」、「医療の安全確保」について十分に理解していただくように努めます。
 患者様はこれらの事柄を医療者との医師の通じ合いから、自由意志に基づいて治療方針を決定できます。
 患者様自らがその役割を理解、実行していただくことによって、患者様と医療者がお互いに協調して良好な関係を気付いていきたいと考えています。

行岡病院では、下記の事項を実施し、患者様と医療者とがよりよいパートナーシップを築くことができる医療環境を整備します。

行岡病院医療安全管理指針

目的

行岡病院は、適切で質の高い安全な医療の提供を図ることを目的として、医療安全管理指針を策定する。

基本的な考え方

組織

報告等に基づく改善方策

職員研修

安全管理委員会は、研修計画に従い、全職員を対象に教育・研修を年2回以上行う。

医療事故発生時の対応

閲覧

本指針は行岡病院ホームページに掲載すると共に、患者及びその家族等から閲覧の求めがあった場合にはこれに応じるものとする。

患者からの相談への対応

病状や治療方針などに関する患者からの相談に対しては、担当者を決め誠実に 対応する。患者、家族からの意見を医療安全管理に反映していく。

個人情報保護規程

個人情報保護方針
個人情報保護法は、帆人情報の有用性に配慮しながら、患者様の知り得た情報を保護することを目的とします。
法令の遵守
個人情報に関する法令及び内部規定を遵守し、適正な管理・利用と保護に努めます。
診療・看護及び患者様の医療に関わる範囲において個人情報を取得いたします。なお本人の同意がない場合は第三者からの取得は致しません。
個人情報の利用目的の通知等
個人情報の利用目的の通知又は公表を致します。
個人情報の目的利用の禁止
保有する個人情報については以下の場合を除き、通知及び公表している利用目的の範囲を超えません。
  • 患者様の同意を得た場合
  • 個人を識別、特定できない状態に加工して利用
  • 法令により提出を求められた場合
  • 保有している個人情報は第三者に提供しません
個人情報の開示
保有する個人情報開示について開示を行います。
個人情報の問い合わせ先「医事課個人情報窓口」(医事課長)
個人情報に関する苦情対応
個人情報に対して適切かつ迅速に対応します。相談窓口「個人情報窓口(医事課長)」

平成23年1月一部改定
平成28年12月一部改定